So-net無料ブログ作成
お役立ち情報 ブログトップ

銀座の高級寿司屋「すきばやし次郎」の予算は [お役立ち情報]

オバマ大統領が来日して、世界一高い寿司屋で安倍首相とランチを共にしたとかで話題になった「銀座のすきばやし次郎」というお店の予算が気になり、早速調べてみました。

おまかせコースが25000円からとかで、そこに飲み物などが加わると、およそ30000円前後になるとのことです。

一食で3万円!かなり豪華ですね。
安くあげようとすれば、一食300円位の弁当はありますから、すきばやし次郎というお店で寿司を食べる予算は、その100倍にもなるんですね。

相当予算に余裕がないと入れない、すきやばし次郎のお店の動画もありました。↓


なんと!このすきやばし次郎で寿司を握る小野二郎さんは、八十歳を超える方なんですね!
今でもバリバリ現役とは、流石です。

すきばやし次郎はみしゅらんの3つ星レストランにも認定されているとかで、小野二郎さんは海外では寿司の神様のように扱われているみたいです。

以前に、世界最高のすきやばし次郎で食べる寿司の予算について「20分コースで380ドルだから 、1分で20ドルだよ」という記事が話題になったみたいです。

銀座の地下街に、こんなにも美味しい寿司屋があるとは!オバマ大統領もビックリするのではと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

望潮魚とは [お役立ち情報]

望潮魚とは(イイダコ)と読むらしいです。
読み方から難しいですね。
最近、望潮魚が話題になっているので、
イイダコのことを知りました。

望潮魚とは、マダコ科のタコのことらしいですね。

タコ科に属する小型のタコで、産卵期になると雌が米粒のような形をした卵を体内に持っているところからこの名前がついたらしいです。
見たところはマダコと変わらないようですが、目の近くにある金色の丸い紋が特徴です。

日本では、秋から冬が捕獲のシーズンで、瀬戸内海が主産地とのことです。
望潮魚は、一般の釣り客でも狙って釣れるみたいですね。
望潮魚釣りの仕掛けなども、ネット上に色々と公開されていました。機会があれば、望潮魚釣りにもチャレンジしてみたいものです。

海の底に落ちている貝殻や空き缶、瓶などを巣にしていて、巣の中に直径6ミリ程の卵を産む習性があるそうです。

望潮魚とは、どんな料理が美味しいのか?
調べてみると、刺身で食べたり、桜煮、煮付けなどのレシピが人気のようです。


00320.jpg

出典http://www.weblio.jp/content/イイダコ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今日の月火星がすぐそばに見えますね! [お役立ち情報]

今夜も、月に寄り添う火星を見ることができますね。
最近は、地球に火星が接近しています。因みに昨夜が最接近の夜でした。
今夜もだいたい23時頃~、今日の月の近くでも赤く輝く火星を肉眼で見ることができます。
今日の月も昨夜と同様に、火星のお供付きですから、是非ご覧になってください。
場所によっては、夜桜を眺めながら、満月と火星の共演も観覧することが出来る贅沢な夜になりそうです。

10155128_291200451043513_5672971054699415878_n.jpg

今夜は夜の晴天というか、月天です。
西日本を中心に星空指数も高いので、今日の月も地球に接近している火星もハッキリと見ることができるはずです。

実は今日の月ですが、月がまだ低いところにあるうちに、月食が起こっていました。

北海道から関東周辺の地域では、「月出帯食(げつしゅつたいしょく)」という、満月がかけた状態で昇る現象がみられました。
ただし、長く見られる地域でも20分程度の時間しか見ることが出来ませんでした。東の空が開けた場所で、目を凝らして観測していれば、月出帯食を見ることが出来る夕方でした。

因みに、北米やハワイなどの地域では、ブラッドムーンと呼ばれる赤みのかかった月を見ることが出来たそうです。残念ながら日本では、月が出る前に皆既月食が終わってしまっているので、流石にブラッドムーンは見ることが出来ませんでした。
それでも、今日の月は赤い火星のお供つきですから、日本でも充分夜空を楽しむことが出来ますね。


なぜ月食になるのか?それは月が地球の影に入るためです。地域によっては、当然月食の見え方も違ってきます。それで、地域によっては、月全体がスッポリ地球の影に入る「皆既月食」になったり、月の一部だけが影に入って「部分月食」が見られたり、それぞれ違った現象になります。

今年は10月8日に、日本全国でも皆既月食が見られます。楽しみに時を待ちましょう~♪
タグ:今日の月

北陸新幹線グランクラスの料金は?どんなシートか? [お役立ち情報]

東京と長野を結ぶ長野新幹線ですが、2014年末には北陸新幹線として長野から金沢まで区間が伸びての開業が予定されています。
更に北陸新幹線は、2025年に福井県の敦賀まで伸びる予定です。

北陸新幹線開業に向け、長野より先頭車両に「グランクラス」18席が設けられた新型車両、E7系がデビューしました。
E7系ははJR東日本と西日本が共同開発した車両です。
現在運行されている長野新幹線E2系より4両増えた12両編成で、普通車・グリーン車に加え、長野寄り先頭車のみに「グランクラス」18席が設けられて話題になっています。
「グランクラス」は将来的に、アテンダントによるサービス付きでの営業が予定されているそうです。(現在はサービスなし)


672925.jpg
672928.jpg
http://response.jp/article/2014/03/16/219242.htmlより画像引用


2014年末に東京~金沢間が結ばれる北陸新幹線グランクラスの料金は、
すでにグランクラスが導入されている東北新幹線と同様に、
グリーン車料金プラス5000円となることが予想されます。
ちなみに東京-仙台駅間の指定席料金は片道10690円(大人・正規)、
グリーン車は14380円、グランクラスは19380円となっています。


以下は現在のE7系あさま・グランクラス料金表

下記の価格は主な区間の「運賃+特急料金」の大人正規料金(通常期)の金額となります。

東京発着
東京~安中榛名:9,610
東京~軽井沢:10,240
東京~佐久平:10,660
東京~上田:10,980
東京~長野:13,460

大宮発着
大宮~安中榛名:7,410
大宮~軽井沢:9,410
大宮~佐久平:9,730
大宮~上田:10,040
大宮~長野:10,780

高崎発着
高崎~安中榛名:5,160
高崎~軽井沢:6,530
高崎~佐久平:6,740
高崎~上田: 7,240
高崎~長野:9,410


672927.jpg
http://response.jp/article/2014/03/16/219242.htmlより画像引用


2014年末に東京~金沢間が結ばれる北陸新幹線グランクラスの料金は、
すでにグランクラスが導入されている東北新幹線と同様に、
グリーン車料金プラス5000円となることが予想されます。
ちなみに東京-仙台駅間の指定席料金は片道10690円(大人・正規)、
グリーン車は14380円、グランクラスは19380円となっています。

TKY201311280095.jpg
http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY201311280087.htmlより画像引用

注目の「グランクラス」ですが、車内に導くデッキは日本の四季をデザインしたパネルで飾られていて、冬の風景にはライチョウが描かれています。
車内に入ると、更に別次元の上質な空間が待っています。
広々と座れる贅沢なシートは、1列に3シート6列で、この1両の定員は僅かに18人です。「新幹線のファーストクラス」といわれる素敵な空間です。
是非、乗ってみたいものですね。



北陸新幹線は、東京から金沢までは最速2時間半で結ばれる予定です。
金沢までの区間が開業すると同時に、現在の長野新幹線という名称は、正式名称が北陸新幹線となります。
正式名称が変わることで利用者が混乱しないよう、開業後は、北陸新幹線(長野経由)と表記されるそうです。

さて、北陸新幹線のダイヤですが、4種類ほど有り、それぞれの名称が決定しました。

「かがやき」:東京-金沢を最短で往復する速達型の新幹線
「はくたか」:東京-金沢を往復する新幹線ですが、かがやきと比べ停車駅が多い。
「つるぎ」:金沢-富山を往復するシャトル型の新幹線。
「あさま」:長野-東京を往復する新幹線。

以上となっています。
タグ:北陸新幹線
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
お役立ち情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。