So-net無料ブログ作成
検索選択

STAP細胞(スタップさいぼう)とは、簡単に説明すると [科学]

最近、STAP細胞(すたっぷさいぼう)とかいう、色々な細胞になれるようになった役立つ細胞?が話題になっています。

再生医療や薬の開発で応用が期待されている、iPS細胞とはどう違うのか?

STAP細胞(スタップさいぼう)とは、簡単に説明するとどういうものなのか?
気になったので調べてみました。


STAP細胞(すたっぷさいぼう)とは、「人為的な操作により、色々な細胞になれる能力をもつようになった細胞」らしいです。

しかも、STAP細胞は、ものすごく簡単に!作れるらしいんです!(゚o゚;;


因みにSTAP細胞を開発したのは、理化学研究所の小保方晴子(おぼかた・はるこ)さんがチームリーダーになっているグループです。



STAP細胞とは、以下のシンプルな手順で作れたそうです。


生後1週間のマウスの脾臓からリンパ球を取り出して、このリンパ球を弱酸性の液体に25分間つけます。 その後、 LIFというタンパク質を含む培養液で1週間培養します。 これだけの手順で、STAP細胞が出来たそうです!

因みに弱酸性の溶液の中身は、ミネラルとお砂糖(グルコース)と酸性(pH5.7)にするための塩酸だけです!


このSTAP細胞を培養皿で培養すると、神経の元になる細胞(外胚葉)や筋肉の元になる細胞(中胚葉)などいろいろな細胞ができたそうです。
そして、マウスの胎児の元(胚盤胞)にSTAP細胞を入れると、STAP細胞を元にしたマウスの子供が生まれたそうです!



iPS細胞は、細胞にいくつかの遺伝子を加えないと作れませんが、STAP細胞は極めて簡単に作れてしまいます。
遺伝子を加えることで腫瘍がつくられることがあるiPS細胞とは違い、STAP細胞では腫瘍が作られるリスクなども少ないと考えられています。

高額なコストが課題のiPS細胞の場合、例えば臨床研究が進む網膜色素上皮細胞では、現段階では一人あたり2千万円~3千万円かかると言われています。
しかし、STAP細胞は簡単に作れるため、もう少しコストを抑えられると考えられます。


STAP細胞は、夢の万能細胞と考えられますが!・・・
まだ沢山の課題が残っています。

現段階の研究では、成長したマウスからは上手くSTAP細胞が作れなかったそうです。上手く作れたのはマウスの新生児だけだったそうです。 また、ヒトの細胞ではまだ試験していません。 iPS細胞はヒトの大人から作れますが、STAP細胞はまだ、ヒトの大人から作ることには成功していません。


そもそも現段階では、なぜ?酸性の液体に付けるだけでSTAP細胞ができるのかさえも分かっておらず、まだ研究は始まったばかりです。


今のところ、STAP細胞とは何か?簡単に説明すると、「将来、生物学や医療を変える可能性があり、現在研究中の細胞」と、個人的には説明したくなりますが・・・。
僕の説明で納得出来るでしょうか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。