So-net無料ブログ作成
検索選択

望潮魚とは [お役立ち情報]

望潮魚とは(イイダコ)と読むらしいです。
読み方から難しいですね。
最近、望潮魚が話題になっているので、
イイダコのことを知りました。

望潮魚とは、マダコ科のタコのことらしいですね。

タコ科に属する小型のタコで、産卵期になると雌が米粒のような形をした卵を体内に持っているところからこの名前がついたらしいです。
見たところはマダコと変わらないようですが、目の近くにある金色の丸い紋が特徴です。

日本では、秋から冬が捕獲のシーズンで、瀬戸内海が主産地とのことです。
望潮魚は、一般の釣り客でも狙って釣れるみたいですね。
望潮魚釣りの仕掛けなども、ネット上に色々と公開されていました。機会があれば、望潮魚釣りにもチャレンジしてみたいものです。

海の底に落ちている貝殻や空き缶、瓶などを巣にしていて、巣の中に直径6ミリ程の卵を産む習性があるそうです。

望潮魚とは、どんな料理美味しいのか?
調べてみると、刺身で食べたり、桜煮、煮付けなどのレシピが人気のようです。


00320.jpg

出典http://www.weblio.jp/content/イイダコ


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。